台中アパート

01

台中市の西部に位置する新築集合住宅の一室の空間設計です。およそ230平米の広さのユニットを木材や石レンガをふんだんに使用する事によりより快適な住空間を演出しています。特にリビンクの中心に位置するカウンターバーは既存の梁を木で覆い更に垂直面をバー用の収納、更には水平面をテーブルとして使用出来きます。

敷地: 台中, 台湾
用途: 住宅
竣工: 2013年3月

03
04
05
06
07
08
09
10
11